1. ホーム
  2. 理想の目元を目指すなら

理想の目元を目指すなら

ウーマン

選べる施術方法

「プチ整形」という言葉が生まれるほど、日本でも美容整形はどんどん身近なものになってきています。施術にかかる費用がぐんとリーズナブルになり、価格帯的に手を出しやすくなった事で人気が高まっていると考えられます。短時間で費用も安く済むプチ整形の中でも、ぱっちりとした二重のラインを作る施術は大変な人気があります。あまり費用がかからない事で若い方でも取り組みやすくなり、年々幅広い層から試したいという声があがっているようです。二重にする施術は大まかに分けると埋没法と切開法があります。特に埋没法は手軽に行える施術といえます。短い時間で施術を済ませる事が出来、ダウンタイムも少なく、メスを使わずに行えるため初心者にも安心しておすすめ出来ます。よりくっきりとしたラインを作りたい方やまぶたの厚みが気になる方なら切開法がおすすめです。どんなまぶたでも対応出来る事、さらには半永久的美しく理想的なラインが持続します。自分の希望する瞳の形やまぶたの状態などから、最も理想とするラインを作るためには、美容クリニックなどでじっくりとカウンセリングを行ってもらいましょう。最適な方法が見つかるはずです。二重整形を希望するなら施術の種類や特徴、かかる費用はどの程度になるのか、ダウンタイムの長さなど気になる点はたくさんあります。憧れるまぶたを手に入れるためには、どうすればいいのでしょうか。まず、二重の整形には埋没法と切開法という2種類の施術方法があります。どちらも特徴が全く異なるため、自分のまぶたの状態、理想の形に最も適している施術を選ぶ事が肝心です。出来れば費用はリーズナブルに済ませたいと考えるなら、埋没法が良いでしょう。施術時間も短く、その後の腫れなどダウンタイムもほとんどないため、まずは気軽に美容整形を試してみたいという場合におすすめです。埋没法はメスを使わず糸で留める形で二重を作り出す方法である事から、もしも仕上がりが気に入らなかった時は元に戻す事も可能である点も安心出来ます。二重のラインも様々な形が存在します。ナチュラルさが魅力の末広型は日本人の顔によく似合います。華やかでアイドルのような雰囲気の目元になれる平行型も人気があります。幅の広いタイプにしたいのか、周囲の人に変化の分かりにくい自然な幅にしたいのか、好みに合わせて選びましょう。